スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠不足が続くのが高血圧の原因になる?

布団で寝ている人

血圧が高くなると色々と心配になってきますが、睡眠不足が高血圧の原因になるってご存じでしたか?

特に5時間以下の睡眠の方は注意が必要です。

人間が寝ると言う行為は、健康を保つために非常に重要になります。

その理由にはいくつかありますが、まず、ホルモンバランスを整えるです。

睡眠不足の人の場合、交感神経が刺激されるので、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

健康を保つためには、交感神経と副交感神経のバランスを良くしなければいけないので、体を休ませる時間を作ることが重要になります。

また、睡眠中は、血管を修復するのですが、睡眠不足の方は、十分に血管を修復することができません。

なので、常に血管が傷ついている状態と思ってください。

そうなると動脈硬化が進むことになり、血圧も高くなってしまいます。

では、どうすればいいのか?

これは、単純な話、睡眠時間を増やせばいいわけですね。

1日に7~8時間ぐらいの睡眠を取るのが理想と言われていますので、極端に睡眠時間が短い方は、寝る時間を確保するようにしましょう。

それと、よく寝溜めをするから問題ないと考える人もいますが、寝溜めは効果ありません。

やはり、毎日、同じ時間帯にしっかりと寝ることが健康を保つためには重要です。

ですので、この機会に睡眠を見直してみてください。

なかなか夜寝れない人もいると思いますが、そんな場合は、朝、しっかりと光を浴びて、日中は運動を行うようにしてみましょう。

それを実践するだけでも、夜は自然と眠くなるようになります。

あと、寝るタイミングを逃してはいけません。

布団の中で、絶対に寝ると意識すると逆効果ですので、そんな場合は、一度、布団から出て、テレビやスマホではなく、本を読むようにしてみてください。

そして、眠くなったらすぐに布団に入るようにします。

これだけでも、寝つきが良くなるはずですので、高血圧で睡眠時間が短いような人は、ぜひ試してみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER097757MWJ

Author:FC2USER097757MWJ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。