スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコールの飲みすぎ高血圧の原因だった?

ビールの画像


アルコールが大好きで毎晩、ビールやお酒を飲むなんて方はいると思います。

確かに少ない量のアルコールを飲む分には、健康にも良く、それほど高血圧には影響しないと考えれます。

時には、羽目を外して飲みすぎてしまうこともあるでしょう。

しかし、問題は飲みすぎが続く場合です。

アルコールの過剰摂取が続くと肝臓が悪くなり、酷くしてしまうと肝硬変や肝臓がんなどを患うこともあります。

また、飲みすぎてしまえば、心拍数も高くなり心臓に負担がかかってしまいます。

そうなれば血圧も高くなってしまいますので、飲みすぎには気をつけなければいけません。

アルコールの飲み過ぎは高血圧の原因になるということです。

では、どのぐらいの量であれば問題ないのか?

一般的にビールなら中瓶1本500ml、日本酒なら1合180mlぐらいが適量とされています。

もちろん、その人の体質によっても多少は異なると思いますが、目安としてはそのぐらいの量と覚えておきましょう。

中には、この量では全然足りないなんて方もいるでしょう。

そんな人は、アルコールを飲む前に炭酸酢やノンアルコールビールを飲むのも一つの対策になります。

どうしても毎晩、飲みすぎてしまうと言う人は、一度、禁酒をするのもいいと思います。

健康の為と割り切って、しばらくお酒を断つのもいいでしょう。

禁酒をすることで、健康的な体になりますし、飲まない分、夜の時間が長くなり、趣味を楽しむのもいいですね。

当然、飲まないわけなので、その分お金も溜まります。

健康のためにもこの機会に禁酒をしてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER097757MWJ

Author:FC2USER097757MWJ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。