スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠不足が続くのが高血圧の原因になる?

布団で寝ている人

血圧が高くなると色々と心配になってきますが、睡眠不足が高血圧の原因になるってご存じでしたか?

特に5時間以下の睡眠の方は注意が必要です。

人間が寝ると言う行為は、健康を保つために非常に重要になります。

その理由にはいくつかありますが、まず、ホルモンバランスを整えるです。

睡眠不足の人の場合、交感神経が刺激されるので、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

健康を保つためには、交感神経と副交感神経のバランスを良くしなければいけないので、体を休ませる時間を作ることが重要になります。

また、睡眠中は、血管を修復するのですが、睡眠不足の方は、十分に血管を修復することができません。

なので、常に血管が傷ついている状態と思ってください。

そうなると動脈硬化が進むことになり、血圧も高くなってしまいます。

では、どうすればいいのか?

これは、単純な話、睡眠時間を増やせばいいわけですね。

1日に7~8時間ぐらいの睡眠を取るのが理想と言われていますので、極端に睡眠時間が短い方は、寝る時間を確保するようにしましょう。

それと、よく寝溜めをするから問題ないと考える人もいますが、寝溜めは効果ありません。

やはり、毎日、同じ時間帯にしっかりと寝ることが健康を保つためには重要です。

ですので、この機会に睡眠を見直してみてください。

なかなか夜寝れない人もいると思いますが、そんな場合は、朝、しっかりと光を浴びて、日中は運動を行うようにしてみましょう。

それを実践するだけでも、夜は自然と眠くなるようになります。

あと、寝るタイミングを逃してはいけません。

布団の中で、絶対に寝ると意識すると逆効果ですので、そんな場合は、一度、布団から出て、テレビやスマホではなく、本を読むようにしてみてください。

そして、眠くなったらすぐに布団に入るようにします。

これだけでも、寝つきが良くなるはずですので、高血圧で睡眠時間が短いような人は、ぜひ試してみてください。
スポンサーサイト

高血圧の原因は塩分の摂り過ぎだった?上手に減塩するには?

食事をしている夫婦

高血圧の原因として、考えられているのが塩分の過剰摂取があります。

血圧が高くなる仕組みとしては、塩分を過剰に摂ると血液中の塩分濃度が高くなるのですが、その濃くなった塩分濃度を薄めようとして血液中の水分量が増えてしまいます。

つまり、それだけ圧力がかかってしまい、それで血圧が高くなってしまうと言う事です。

ただし、塩分を摂取しても影響もない人もいれば、そうでない人がいるのも事実です。

それでも、やはり健康の為、また、血圧を下げる為にも減塩することが重要とされています。

病院では、高血圧の人は、1日の塩分を6g以下にしなさいと指導されます。

濃い味が好きな方にとって6gと言う数字は、大変辛いようです。

では、上手に減塩するにはどうすればいいのか?

いきなり極端に減塩してしまうと3日坊主で終わってしまう可能性があるので注意が必要です。

やはり、薄味に慣れていくことが大事なので、徐々に減塩していくようにするといいと思います。

なので、最初は、おかづのどれかを減塩にします。

それで慣れてきたら、今度は、2つのおかづを減塩していくようにして増やしていきます。

そうすれば無理なく減塩する事ができるようになるでしょう。

ちなみに、ラーメンなどは一杯食べるだけで6gを超えることもあるので、スープは残すなどして減塩していきましょう。

また、刺身などで醤油をべったりとつける方がいますが、ミスト状になる容器に醤油をいれてそれを使うことでかなり減塩することができます。

他にも塩の代わりに香辛料を使ったり、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の物をつけるのもいいと思います。

やり方次第でかなり減塩できるようになるので、高血圧の人は、1日6以下を目指しましょう。
プロフィール

FC2USER097757MWJ

Author:FC2USER097757MWJ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。