スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高血圧の原因はいびきが関係している?

woman-6.jpg

高血圧になる原因としては、いびきが関係していると言います。

これは、直接、関係があるわけではありません。

いびきをしている人は、肥満や睡眠時無呼吸症候群になりやすくなります。

肥満は、高血圧の原因として感がられているのですが、睡眠時無呼吸症候群はどんな関係があるのか?

それは、睡眠時無呼吸症候群の方の場合、睡眠がしっかり取れていないので、寝不足になっていることがあるんですね。

寝不足と言う事は、体は疲れている証拠ですし、ストレスなども溜まりやすくなります。

このストレスも高血圧の原因になるので、睡眠時無呼吸症候群の人は、注意しなければいけません。

睡眠中二呼吸が止まってしまうので、場合によっては、突然死を引き起こす可能性もあるわけです。

睡眠時無呼吸症候群やいびきが酷い人の場合は、治療をすることもできるので、一度、イビキ外来があるところに足を運ぶのもいいと思います。

また、手軽にいびきを改善したいなら、鼻呼吸を意識するのもいいでしょう。

いびきをする人は、口呼吸になっていることが多いので、鼻呼吸に戻すことが大事です。

寝る時に自然に口呼吸になる人もいますが、そんな場合は、口にテープを貼ることで鼻呼吸にすることができます。

その他にも、自分に合っていない枕を使っていると気道が塞がれていびきをかきますので、寝具について考えてみるといいでしょう。

さらに横向きに寝ることでも、いびきは解消する場合がありますので、意識してみてください。

たかが、いびきと思っていると後で後悔するかもしれないので、放置しないでしっかり治すようにしましょう。
スポンサーサイト

睡眠不足が続くのが高血圧の原因になる?

布団で寝ている人

血圧が高くなると色々と心配になってきますが、睡眠不足が高血圧の原因になるってご存じでしたか?

特に5時間以下の睡眠の方は注意が必要です。

人間が寝ると言う行為は、健康を保つために非常に重要になります。

その理由にはいくつかありますが、まず、ホルモンバランスを整えるです。

睡眠不足の人の場合、交感神経が刺激されるので、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

健康を保つためには、交感神経と副交感神経のバランスを良くしなければいけないので、体を休ませる時間を作ることが重要になります。

また、睡眠中は、血管を修復するのですが、睡眠不足の方は、十分に血管を修復することができません。

なので、常に血管が傷ついている状態と思ってください。

そうなると動脈硬化が進むことになり、血圧も高くなってしまいます。

では、どうすればいいのか?

これは、単純な話、睡眠時間を増やせばいいわけですね。

1日に7~8時間ぐらいの睡眠を取るのが理想と言われていますので、極端に睡眠時間が短い方は、寝る時間を確保するようにしましょう。

それと、よく寝溜めをするから問題ないと考える人もいますが、寝溜めは効果ありません。

やはり、毎日、同じ時間帯にしっかりと寝ることが健康を保つためには重要です。

ですので、この機会に睡眠を見直してみてください。

なかなか夜寝れない人もいると思いますが、そんな場合は、朝、しっかりと光を浴びて、日中は運動を行うようにしてみましょう。

それを実践するだけでも、夜は自然と眠くなるようになります。

あと、寝るタイミングを逃してはいけません。

布団の中で、絶対に寝ると意識すると逆効果ですので、そんな場合は、一度、布団から出て、テレビやスマホではなく、本を読むようにしてみてください。

そして、眠くなったらすぐに布団に入るようにします。

これだけでも、寝つきが良くなるはずですので、高血圧で睡眠時間が短いような人は、ぜひ試してみてください。

アルコールの飲みすぎ高血圧の原因だった?

ビールの画像


アルコールが大好きで毎晩、ビールやお酒を飲むなんて方はいると思います。

確かに少ない量のアルコールを飲む分には、健康にも良く、それほど高血圧には影響しないと考えれます。

時には、羽目を外して飲みすぎてしまうこともあるでしょう。

しかし、問題は飲みすぎが続く場合です。

アルコールの過剰摂取が続くと肝臓が悪くなり、酷くしてしまうと肝硬変や肝臓がんなどを患うこともあります。

また、飲みすぎてしまえば、心拍数も高くなり心臓に負担がかかってしまいます。

そうなれば血圧も高くなってしまいますので、飲みすぎには気をつけなければいけません。

アルコールの飲み過ぎは高血圧の原因になるということです。

では、どのぐらいの量であれば問題ないのか?

一般的にビールなら中瓶1本500ml、日本酒なら1合180mlぐらいが適量とされています。

もちろん、その人の体質によっても多少は異なると思いますが、目安としてはそのぐらいの量と覚えておきましょう。

中には、この量では全然足りないなんて方もいるでしょう。

そんな人は、アルコールを飲む前に炭酸酢やノンアルコールビールを飲むのも一つの対策になります。

どうしても毎晩、飲みすぎてしまうと言う人は、一度、禁酒をするのもいいと思います。

健康の為と割り切って、しばらくお酒を断つのもいいでしょう。

禁酒をすることで、健康的な体になりますし、飲まない分、夜の時間が長くなり、趣味を楽しむのもいいですね。

当然、飲まないわけなので、その分お金も溜まります。

健康のためにもこの機会に禁酒をしてみてはいかがでしょうか?

高血圧の原因は塩分の摂り過ぎだった?上手に減塩するには?

食事をしている夫婦

高血圧の原因として、考えられているのが塩分の過剰摂取があります。

血圧が高くなる仕組みとしては、塩分を過剰に摂ると血液中の塩分濃度が高くなるのですが、その濃くなった塩分濃度を薄めようとして血液中の水分量が増えてしまいます。

つまり、それだけ圧力がかかってしまい、それで血圧が高くなってしまうと言う事です。

ただし、塩分を摂取しても影響もない人もいれば、そうでない人がいるのも事実です。

それでも、やはり健康の為、また、血圧を下げる為にも減塩することが重要とされています。

病院では、高血圧の人は、1日の塩分を6g以下にしなさいと指導されます。

濃い味が好きな方にとって6gと言う数字は、大変辛いようです。

では、上手に減塩するにはどうすればいいのか?

いきなり極端に減塩してしまうと3日坊主で終わってしまう可能性があるので注意が必要です。

やはり、薄味に慣れていくことが大事なので、徐々に減塩していくようにするといいと思います。

なので、最初は、おかづのどれかを減塩にします。

それで慣れてきたら、今度は、2つのおかづを減塩していくようにして増やしていきます。

そうすれば無理なく減塩する事ができるようになるでしょう。

ちなみに、ラーメンなどは一杯食べるだけで6gを超えることもあるので、スープは残すなどして減塩していきましょう。

また、刺身などで醤油をべったりとつける方がいますが、ミスト状になる容器に醤油をいれてそれを使うことでかなり減塩することができます。

他にも塩の代わりに香辛料を使ったり、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の物をつけるのもいいと思います。

やり方次第でかなり減塩できるようになるので、高血圧の人は、1日6以下を目指しましょう。

有酸素運動で血圧が下がる?運動不足が高血圧の原因?

walking1.jpg

高血圧の原因には、運動不足があります。

運動不足が続くと血流が悪くなってしまい、その結果、血圧高くなるわけです。

ですので、日頃から体を動かしたり、運動することは非常に重要となります。

特にディスクワークの方の場合、座りっぱなしになりがちです。

そうなれば、血流が悪くなってしまうので、仕事の合間にストレッチやマッサージ等を行って対策するようにしてください。

運動に関して言えば、有酸素運動が良いと言われているんですね。

これは、体内に酸素を取り入れる運動なのですが、ダイエットにも効果的です。

具体的には、ウォーキングや軽めのジョギング、水泳や自転車などがあります。

なるべく30分以上は続けて行うのがいいのですが、無理なようなら10分程度の有酸素運動を何回かに分けても構いません。

1日に30分から60分ぐらい行うと血圧も安定してくるはずです。

人によっては、実感するまでには、ある程度の期間がかかることもあります。

また、仕事が忙しくて運動する時間がない方もいるかもしれませんね。

そんな方は、通勤を利用して歩くようにしてみてください。

それだけでも運動になりますので、時間を上手に利用することが大切です。

ちなみに、外で運動するのが苦手なんて人もいますよね。

そんな人は、階段や踏み台を利用して踏み台昇降を行うのがお勧めです。

踏み台があるなら、テレビの前でも運動することができます。

ドラマなどを見ながら踏み台昇降をするのもいいですよね。

血圧を下げるためにも時間を上手に使って運動するようにしましょう。

高血圧の原因って一体何があるの?

血圧計

血圧が高くて心配されている人も多います。

そもそも高血圧の原因ってどんなものがあるでしょうか?

先ず、大まかに2つに分けることができます。

一次性高血圧

二次性高血圧

この二つになります。

はじめの、一次性高血圧というのは本能性高血圧とも言うのですが、これは原因が生活習慣の乱れによるものや遺伝によるものが関係していると言われています。

ですので、食生活の改善や運動を行う、ストレスを溜めない。

他にもしっかりと睡眠と取ったり、アルコールの飲みすぎに注意する。

このような事を見直す必要があります。

ただ、原因を特定するのが難しいのも一時性高血圧の特徴です。

次に二次性高血圧ですが、こちらは何らかの疾患が関係しています。

例えば、腎臓病や腎臓の動脈の狭窄や閉塞、ホルモンの分泌異常など。

二次性の場合は原因が特定されるので、それら疾患を治療をすることで血圧も下がると言われています。

また、その割合なのですが、一次性高血圧が9割りで残り1割が二次性となっているんですね。

つまり、多くが生活習慣を改善させれば、血圧も下がっていくというになります。

ちなみに、自分は、一次性なのか?それとも二次性なのかは検査により判明しますので、生活習慣を見直しても血圧が下がない人は、病院で診てもらいましょう。

医師の判断によっては、降圧剤が処方されることもありますが、その場合は、薬をしっかりと服用して医師の指示に従ってください。

それと自己判断で薬を止める危険ですので注意しましょう

血圧が高いと判明したら?

普段、血圧のことなど気にしていないけど、測定してみたら高血圧だったなんてことをは良くある話です。

中には、その数値だけで怖いなんて感じる人もいるかもしれませんね。

ですが、血圧ってよく変動するものなんですね。

なので、その時、多少高かったとしても、時間をおいてもう一度、測定してみてください。

普通は、リラックスしてから血圧を測ると安定してくるものですからね。

自宅に血圧計があるなら、日頃から高血圧になっていないかを確認するといいです。

具体的には、朝と夜、同じ時間帯に2回測るようにします。

そのデータを手帳などに記入していきます。

しばらく続けると自分の血圧が高いのか低いのかが明らかになります。

ちなみに上が140、下が90を超えると高血圧となります。

ここで、高血圧としても、そんなに不安になることはありません。

重度の高血圧でもない限り、いきなり倒れるなんて事はりませんので、今後、高血圧対策をしていくようにしてください。

具体的には、食習慣や運動不足を解消するなどが効果的と言われています。

高血圧は多くの場合、生活習慣の乱れからくることがほとんどですので、悪いところがないかを確認しましょう。

もし、食べ過ぎることが多い人は、食べ過ぎに注意して、体をあまり動かさない人は、運動不足を解消させます。

これだけでも血圧は下がっていくことが多いです。

血圧が高いと感じたら、先ずは、出来るところから見直すようにしましょう。
プロフィール

FC2USER097757MWJ

Author:FC2USER097757MWJ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。